ショベル シリンダーヘッドおろし

SNSフォローボタン

YouTubeとInstagramもやってます!

先週の月曜日、ホットロッドショーの翌日の話です。
僕のバイクはネタがないので、友人のを。
地元のショベル乗りが、ヘッド下ろして修理出したいとの事で、工具持参で手伝いに行ってきました!

んで、今回修理はこの車両

シリンダーヘッドとマフラーの取り付けボルト部分が、クラック入ってリコイルが飛び出ちゃってマフラーが固定できない状態で、針金でマフラー吊ってます(^^;

では、さっそく解体にかかりましょう!

この車体は、S&Sマニに、ワンオフでフランジ付けてCVキャブ装着です。

キャブとって~

インマニ外して、今度はプッシュロッド外しましょう
僕は基本アドバイスだけで、手は汚しません笑

写真が逆さまですが…

オイルラインも外しましょう。

ハンドシフトなので、邪魔なシフトレバー&フットクラッチも外しましょう

エンジンマウントとって、マフラーずらして~

上向きに刺さっているヘッドボルトを緩めます

俺のはプッシュロッド縮めれば、すんなり抜けますが、この車体はプッシュロッド縮めてもプッシュロッドが外れません。どちらが普通なんでしょう?
まぁ、どうせヘッド下ろすんで、無理に外さなくても外れますので一緒に外しちゃいましょう。

しかしショベルのヘッドボルトはとりずらいですねぇ
最適な工具がなかったので、アストロのコンビレンチをグラインダーで削ってやりました笑

しかも、ショップで組んでもらってるエンジンですが、ヘッドボルトの種類がバラバラっていう(-o-;)
まぁ機能には問題ないのかもしれませんが…

で、前後シリンダーヘッドボルトも無事に全て緩み、
いざ、ご開帳!

リヤシリンダーはヘッドガスケット部からオイル漏れの為、その修理も兼ねています。

さて、肝心のエキゾーストボルト部分は…

見るも無残な状態(^^;
ボルト1本でマフラー固定は構造に無理がありますよね~
とりあえずショップに出して溶接修理するとの事。

以上、取り外しでした~
分解するだけなら、簡単ですが、
肝心なのは組む時ですね~(^^)

ブログランキング参加しています。

記事を読み終えたらクリックして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeとInstagramもやってます!

コメント

  1. matsu より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは、やってますね。
    私のも、ロッドがブロックに当たって外れ難かったので、面倒なんでブロックを少し削りました。
    ヘッド組んだ後に入らないじゃ~
    洒落になんないんで注意ですね。

  2. knock より:

    SECRET: 0
    PASS:
    > matsuさん
    こんにちは
    プッシュロッド結構外れにくい車両あるんですね~
    組み付けの時は、油圧ユニットのオイル抜けばすんなり入りそうでした。
    やはりバイクいじりは面白いですね(^^)