カルマンギアのタイヤサイズ変更

SNSフォローボタン

YouTubeとInstagramもやってます!

カルマンギア、車高を下げてから、フロントタイヤがフェンダーに当たってハンドルがあまり切れなくなっていました。
しかし、対策しないまま乗っていたらやらかしてしまいました・・・

フェンダーの塗装が・・・

タイヤもガビガビっ!!

あいたたたた~

フェンダーの爪がめくれてしまい、塗装が割れてしまいました。

タイヤも10年ものでトレッドも剥がれるし、こりゃいかんというわけで、タイヤサイズ変更の計画を立てます。

まず、フロントの仕様ですが、アジャスター全下げ、スプリングショック装着です。

ホイールは15インチ5.5Jのアロイホイール、インセットは不明です。
付いているタイヤサイズは175/60R15のピレリのタイヤが付いています。

ちなみにリヤは195/65R15が付いています。

ちなみにこのアロイホイール、タイヤバルブ見ると・・なんか普通のエアバルブじゃないな。
チューブっぽい。。。

とりあえず一つホイールはずして、カッチカチになったタイヤを外してみると、やっぱりチューブが入っていました。

これじゃ普通のエアバルブは付かないな。。

入っていたチューブを検証してみると、チューブはどうやら155/165 R15というサイズらしい。エアバルブの形状はTR13。TOYO製のチューブでした。

チューブはFLAT4のサイトで買えるみたいだけど高い。。。1本税込み4000円以上

これでは狙っているタイヤと同じ値段ではないか。
DIYでお金をかけずにカスタムするのがモットーですから、探します。
インターネットを駆使して探します。
がしかし、このご時世、乗用車用のチューブタイヤなんて見ませんよね。
当然タイヤチューブなんて出てきません。
見つかったのは農耕機用。当然サイズが合いません。
そして、ジムニー等のサイズ、オフロードは空気圧を下げてタイヤがビート落ちしないようにチューブを入れるなんて手法があるんですね。

しかしどれもサイズが合いません。ヤフオクを見てみるとラリーチューブというダンロップのタイヤチューブがありました。これはサイズが合いそう!ですが、なかなかいいお値段。

やはり安くチューブを仕入れるのは不可能かと諦めかけたが、そういえば!うっかりしてましたが、私の職場はタイヤ屋さんと取引があるので、探してもらうと、ありました!
ブリジストンの同サイズのタイヤチューブ!

値段も2個でFLAT4の1個分です。

よし、タイヤチューブは揃った、あとはタイヤだ!

サイズは色々悩みましたが、175/60R15から175/55R15ね変更することにしました。
タイヤ幅は変えずに扁平だけ変えます。

今回用意したタイヤはコレ

モモタイヤ
MOMOステのアレですね。タイヤもあるらしいです。初めて知りました。
安いわりに安っぽく見えないというお得な?タイヤです笑

ちなみに↓ここ輸入タイヤ直販店 AUTOWAYで買いました。



オートウェイには以前から色々お世話になっています。20インチの扁平タイヤなんかも激安で、使用にもまったく問題ありません。

さあ、組んでみましょう。
ちなみに扁平60と55ではこれぐらい外形が違います。
手前がモモタイヤ55扁平です。

まずタイヤを片側はめてから、中にチューブをいれていきます。
コツはチューブを入れて、タイヤの表面をリムにはめる前にすこーし空気を入れてやります。
そうすることでチューブのねじれや噛みこみなども防げますし、エアバルブが中に落ちにくいです。

1本組んでみての比較
右が新品175/55R15サイズ
だいぶ外径が小さくなりました。


2本組めたらばらんさーでバランスをとってあげます。
そんなにバランス悪くなかったです。

で、自宅で付けます

BEFORE


AFTER


はい、わかりずらいですね、

でもしっかりハンドル切れるようになりましたよ!


これでバリバリ走れます♪
ちなみに10年ものピレリからMOMOタイヤへ交換したらかなりロードノイズが静かになりました。
こりゃリアも交換したいなあ。

ちなみに作業時はしっかりリジットラックかけましょう。

私が使用しているアストロのリジットラック

ブログランキング参加しています。

記事を読み終えたらクリックして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeとInstagramもやってます!