ガソリン漏れ修理!エンジンルーム炎上か!?カルマンギア ソレックスキャブレター

SNSフォローボタン

YouTubeとInstagramもやってます!

炎上なんて過激なタイトルつけてみましたが、本当にその通りで、エンジンルームのガソリン漏れはヤバいです。

カルマンギアで走行後に、エンジンルームからガソリンの匂いがするんですよね~
エンジンルーム下にポタポタ垂れているようなことはありませんでしたので、
こんなもんかなあ~で過ごしてきましたが、気になったので点検してみました!

走行後なので、エンジン、キャブまわりかなと思っていましたので、燃料ポンプからキャブに向かう配管を点検してみましたが、どこにも漏れは見当たりませんでした。

次にキャブ廻り。表から見た時はとてもキレイなんですが・・・

エアクリーナーを取り外して裏側をのぞいたら発見しましたよ~

キャブの側面がガソリンが漏れた跡で茶色く汚れていて、その下までガソリンが垂れていて、マフラーの遮熱版でしょうか?ガソリンが垂れた跡があります。

私のカルマンはツインキャブですので、左右とも確認したら両方漏れていましたね。

まったくガソリン漏れといい、雨漏れといい、なんちゅう車だ!
こんな車乗れるかっ!ふざけるなっ!

って現代の車じゃクレーム来ちゃいますね。

過去記事で雨漏れ修理しています。

カルマンギアの雨漏り修理

こんなのをぼちぼち直しながら乗るのが楽しいんです。ちょっと変態ですか?きっと旧車好きな方なら共感してもらえると思います。

それでは、早速キャブを取り外してみます。

漏れてますね~

左のキャブも漏れています

キャブをとった裏側はこんな感じ


ここにガソリンが垂れてるなんて危険ですね~

早速キャブをバラしてみます。

おそらくこの上下の合わせ面から漏れてしまっていたようです。

面がだいぶ荒れていますね~

面をオイルストーンで平にしてあげます。

ついでにフィルターも清掃しました。

キャブ内部の汚れはそれほどひどくなく、調子もわるくないので、
全バラにはせずにざっとジェット類やバタフライなどをきれいにしてあげます。

次いで左側のキャブも。

イイ感じに漏れてくれています。

こっちは燃料ホースのパイプ部からもにじんでいるようです。

ペーパーガスケットも交換してあげたい所ですが・・・
FLAT4のHPで見てみると結構いい金額するんですよね~

自分で切り出してもいいですが、ちょっとめんどくさいので、今回は再使用してみます。

これで漏れたら潔く交換します。

やはりこちらの面も荒れていますね。

少し腐食もしているようです。

手作業で面を出します。

こちらのフィルターも清掃

研磨後

研磨後

外観もキャブクリーナーできれいにしてあげて組み上げます。

なんて簡単な作りのキャブなんでしょうか。ハーレーのキャブみたいなもんですね。

ちなみにどんなキャブが付いているか気になったので調べてみました。

SOLEXのH40/44EISとキャブの側面に記載されています。

調べてみると、私のはソレックス40EISのほうですね。
FLAT4のHPで、このツインキャブのキットが販売されています。
EMPIのキットで、かなりいいお値段・・・

ちなみに44EISはキャブがφ44で1800cc以上の排気量に適合するそうです。

さーて、たいした事はやっていませんが、元通りに組み上げます。
その後試運転して、今の所漏れはありませんでした!さて、いつまでもつでしょうか!
キャブ脱着に伴い、加速ポンプやらスローやらアイドルやらいじっちゃいましたので、

これを機会にキャブのセッティングも色々いじってみますか~

今回の整備で使用した“オイルストーン”はアルミの面出しなどに使用します。
エンジンオイル等のオイルを塗布して手作業で擦るだけです。
手作業なので、歪んだシリンダーヘッドなどは研磨できませんが、今回のような面があれてしまっていたり、腐食してしまっていたり、ガスケットが張り付いて残ってしまった時などに活躍してくれます。
そんなに高いものではありませんし、1つガレージに置いておくと自分でいじる方は便利ですし、メカいじれるって雰囲気でますね~!

ブログランキング参加しています。

記事を読み終えたらクリックして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeとInstagramもやってます!