ピーナッツタンクのカスタムペイント 塗装編

SNSフォローボタン

YouTubeとInstagramもやってます!

今回はカスタムペイント!デザインに決まりはありません。
ペイントの大まかな基本を押さえていれば、あとは好きなデザイン、好きな順序で塗っていけばいいと思います。
ペインターの思うままに仕上げて下さい!笑

前回までの下地処理はコチラの記事です

ピーナッツタンクのカスタムペイント!下地処理~サフェまで

さて、前回の続きからです。
まずブラックを吹きます。

不要になった洋服用のハンガーを改造してタンクが固定できるようにしました。
工場が汚いですね~整理整頓は重要です!

乾燥させたら、次に極粗目のシルバーを吹きます。

完全にシルバーで染めてしまうのではなく、下地の黒がうっすら透けるぐらいに吹くのがポイントです。

ガンからタンクまで一定の距離と一定のスピードで吹き付けしてムラがないように吹きます。

また乾燥させます。

そしたら1回捨てクリアを吹きます。

そうする事でメタリックの凹凸が減るのと、メタリックが落ちてしまうのが防げます。

そしたらラインテープとデザインカッターを使用してラインを引きます。

すいません、ラインだけ引いた画像を取り忘れてしまいました。

ラインを引いたらまず塗らない所をマスキングしていきます。

んで、塗装台にセッティングして、黒で塗ります。

その次に側面を塗っていきます。
今回はカーテンレース柄を入れていきますので、好きなデザインのカーテンを貼ります。
カフェカーテンなんかを使うといいですね。

そのうえかあ黒を吹きます。
これはたっぷり吹くのではなく、うっすら色が乗るぐらいにしておきます。

カーテンをはがすとこんな感じで染まります。

次はラインをマスキングテープで作っていきます。

これを一本ずつ塗っては剥がし、塗ってははがしをしていきます。

で、こんな感じ。
私はへたくそなので少しムラが出来てしまいましたが、キャンディー塗ってしまえばそんなに目立ちません。

お次もカーテンを使用します。
お手軽に模様が入れられるので、大変重宝しますね。

こちらもうっすらと黒を吹きます。

剥がすとこんな感じです。しっかり模様が入ってくれましたね。

そして一旦乾燥させます。

それでは乾燥が終わったらキャンディーグリーンを吹いていきましょう。

キャンディーは好みの色になるまで3~4回吹きます。

途中でラインにも濃さの違うグリーンを入れたかったので、一部ラインテープを剥がして塗ります。

塗り終えたらすべてのラインテープを剥がします。

キャンディーグリーンは4回ぐら吹きました。

表面は荒く、ラインの段差もあります。
これをクリアーを塗っては研いでを繰り返して、段差を消します。

まず一回目のクリア

綺麗に見えますが、触ると段差があります。

これを800~1000番ぐらいで研ぎます。
こんな感じのダブルアクションサンダーがあると楽ですね。

手だと気が遠くなります。ってか無理です・・・

けっしてシングルアクションで磨いてはだめですよ、一瞬で塗装が削れます笑

これを2回くりかえして、3回目のクリアがこちら

 

しっかり平になってツヤもでました!!

・・・が、やってしまいました

赤丸で印した所、たれてしまいました。
クリアは垂れるギリギリの所が一番ツヤが出て美しいんですが、調子に乗って吹きすぎましたね。よくある失敗だと思います。

で、これをリカバリーしましょう

新品のカッターの刃など、よく切れるもので、矢印の方向に刃をこの向きであてて、垂れて盛り上がってしまったクリアを削ります。

削った所はこのような感じで白っぽくなります。

平らになるまで削り落とします。

で、1000番ぐらいのペーパーをかけます。

もう垂れた跡はわかりませんね。
ここを1000→2000→3000→コンパウンドと磨いてやれば、分からなくなります。

垂れたリペアもばっちり

いかがでしたか?なんだか出来そうな気がしてきませんか?
難しそうでも、少しずつ進めていけば、うまくいきます。
カスタムペイントは非常に手間暇かかりますが、出来上がった時の達成感は計り知れません。
ぜひチャレンジしてみて下さい!

他のペイントもあります。是非ご覧下さい。

【カスタムペイント】ピーナッツタンクの自家塗装 リボン柄

ブログランキング参加しています。

記事を読み終えたらクリックして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeとInstagramもやってます!