2019年新型トライアンフ スピードツイン

SNSフォローボタン

YouTubeとInstagramもやってます!

ちょっと気になるバイクを見ていくシリーズです。

トライアンフのスピードツイン

見た瞬間に欲しいと思ってしまいました。
ショベルはもちろん手放すつもりはありませんが、ボタン一つでエンジンがかかり、
ヒラヒラと軽快に走れるバイクも1台欲しくなります。
人間とは欲深いもので、無い物ねだりなんですね~

1938年にトライアンフの並列2気筒エンジンが初めて導入されました。
スピードツインというモーターサイクルの歴史を塗り替えるヒットモデルが誕生しました。
当時は単気筒エンジンが主流でしたので、スリムでパワフルなブリティッシュツインを搭載した初代のSpeed Twinの走りはまさに革命的でした。
当時の最先端であったスムーズでダイナミックなハンドリングや革新的な設計のシャシー、そしてレスポンスに優れたスリリングなライドフィール。
今でもトライアンフの2気筒エンジンを支える基本設計となっています。
そして2019年に、名車のネーミングがTriumphのラインアップに復活しました。
パフォーマンス、印象的なスタイリング、ライダー重視のテクノロジー、クラストップのハンドリングを理想的なバランスで融合したニューモデル、スピードツイン。

1938年スピードツイン

惚れ惚れするようなスタイリングですね。

引用元 https://www.triumphmotorcycles.jp/

そしてこちらが新型スピードツイン

引用元 https://www.triumphmotorcycles.jp/

現代の技術を投入して、ネオクラシックといった装いのスピードツイン

気になるのはエンジン
ボンネビルの1200ccエンジン
新型スピードツインの心臓部エンジンは、改良されたボンネビル1200cc高出力2気筒エンジンです。
スラクストンと同じチューニングをし、6,750rpmで97PSを発揮するエンジンとなっています。
軽やかに回転する高性能並列2気筒6速8バルブのエンジンには、マグネシウムカムカバー、改良されたクラッチアッセンブリー、質量を最適化したエンジンカバー等が採用されています。

ブレーキ関係

ブレンボ製ツインフロントブレーキを採用しています。
そして、軽量キャストアルミニウムホイールにはハイスペックなピレリ Diablo Rosso 3タイヤを装着しています。
アンチロックブレーキシステム(ABS)とトラクションコントールも搭載し、どんな走行条件でもスピードツインの強大なトルクをしっかりとコントロールできるようになっています。
トラクションコントロールは左側スイッチボックスから簡単に切替えができます。

ライドフィール

スピードツインには、スラクストン Rから進化した新設計のシャシーを搭載しています。
俊敏でダイナミックな走りが、新たなベンチマークを打ち立てます。
新設計のフレームと連動するのは、ハイスペックな前後のサスペンションです。通勤や趣味のツーリング、ロングライドなど目的を問わず、自信に溢れた直感的なライドフィールをもたらし、モダンロードスターの正確無比な走りを実現します。

走りの楽しさ、乗り心地とコントロールの良さを最大限に高めるため、スピードツインには先進テクノロジーが豊富に搭載されています。
ライディングモードはROAD、RAIN、SPORTの3種類が用意されています。
ライディングモードを選ぶと、走行状況やライダーの好みに合わせてスロットルマップとトラクションコントロールの設定が切り替わります。LEDライトは耐久性と省エネ性能が向上。トルクアシストクラッチはクラッチレバーの操作力を軽減してくれ、通勤時のノロノロ運転もロングライドもより快適に走行できます。ほかにも充実機能のツインメーター、イモビライザー、USBソケットなどが標準装備されます。

色は以下の3種類です。

ジェットブラック

コロッシレッド / ストームグレー


シルバーアイス / ストームグレー 引用元 https://www.triumphmotorcycles.jp/

個人的にきたのがシルバーアイス/ストームグレーです。
こいつで山道を駆け抜けたら気持ちいいだろな~

これはオプションを装着したスピードツイン


スタイルと実用性をアップするアクセサリー
カスタム用アクセサリーは80種類以上。新型Speed Twinのスタイルと実用性をアップさせるために特別にデザインされたアイテムです。
ブラッシュ仕上げのVance & Hines製サイレンサー
ブラックのインテークカバー
ブラックでプレス加工のサンププレート
64mmのLEDインジケーター
ニーパッド
マシニング仕上げのヘッドライトベゼル
シリンダーヘッドボルトカバーのディテール
エンジンエンベリッシャー
マシニング加工のフットレスト
引用元 https://www.triumphmotorcycles.jp/

どうでしょう?私は古いバイクが好きですが、コレは素直にカッコいいと思いました。
試乗しに行こうかな笑

ブログランキング参加しています。

記事を読み終えたらクリックして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeとInstagramもやってます!