ショベル フルオーバーホールまでの道 7 ~レフトケース組付け~

SNSフォローボタン

YouTubeとInstagramもやってます!

地味~に進めておりますオーバーホール。

先日の作業報告です!

エンジン組む前に・・・オイルタンクの中をしっかり洗浄しておきます。

まずオイルタンク外して、オイルタンクの中を覗くと恐ろしいほどの鉄粉がたまっています(^_^;)エンジン内部に鉄粉がまわっているので、当然オイルタンクの中にも溜まります。

しっかり除去してあげないと、せっかくリフレッシュしたエンジンが残念な事になりますので、灯油でひたすら洗浄。
灯油入れて振って捨ててをひたっすら繰り返します。
何度やっても出てくる鉄粉!いっそのことオイルタンクがパカっと開けばいいのにと思います。
洗浄に2時間ぐらいオイルタンクと格闘していました。

で、復元!中身も外見もリフレッシュ!?

で、ここからやっとの腰下作業に入っていきます!

左側クランクケースのベアリング。ここはテーパーローラーベアリングが入っていて、Cリングの厚みでベアリングのクリアランスを確保しています。
念のため、新品のティムケンのテーパーベアリングのクリアランスを確認しておきます。
基準値内で問題ありませんでした。
レースは井上ボーリングさんにて交換済みです。

測定にはダイヤルゲージとマグネットスタンドを使用しています。
ダイヤルゲージとは1/100mmが測定できるツールです。クランクの振れを見たり、ホイールの振れを見たりする時なんかにも使いますね。
以外と登場する場面が多いので、揃えておいて間違いなしです。

こちらが井上ボーリングさんから仕上がってきたクランクです。

テーパーベアリングを圧入していきます。

圧入したら、左クランクケースをかぶせて、スペーサー入れて、さらにもう一つのベアリングを圧入していきます。

専用工具はもっていないので、色々なものを駆使して圧入していきます。

レフト側ケース完成!
これから組み上げていくと思うと、
なんだかすっげーワクワクしてきました♪

ブログランキング参加しています。

記事を読み終えたらクリックして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeとInstagramもやってます!

コメント

  1. やじん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    早くしないと今年終るよ~!!
    連休までに仕上げてボス野郎のトコに行くよ~♪
    サーヒンして~
    キャバクラ行って~
    濡らすよ~(笑)

  2. knock より:

    SECRET: 0
    PASS:
    やじんさん
    いくいくーヽ|・∀・|ノあっちもこっちも濡らしたいっ!
    これは夜なべして仕上げないとですね!