【カスタムペイント】ウォータードロップペイント

SNSフォローボタン

YouTubeとInstagramもやってます!

前回塗装したキャンディーブルーフレイムスのタンク

【カスタムペイント】キャンディーブルーフレイムス ピーナッツタンク

このタンクですが・・・
なんと私の不注意により、吊るしてあったものを落下させてしまいました。

落下させた事により塗装はがれとへこみが出来てしまいました。

幸いオーダー品ではなかった為、だれにも迷惑はかけていないのですが、完成したてで、落下させてしまった事はすごくショックでした。

こうなってしまった以上、塗り直さなければならないのですが、全部塗り直すか、部分的に補修するか悩んだあげく、全部塗り替えてしまいました。

タンク補修

まずは塗装を剥がします。
全体ではなく、補修する部分のみを少し広めに剥がします。

へこみにパテを入れます。

サンドペーパーで研磨

平になったらサフェ吹きます。

そして研磨

下地ペイント

下色の極粗目シルバーを吹きます。

中間のクリアーを吹きます。

クリアーを研磨します。

マスキング

ラインテープを貼っていきます。

ラインテープはいつものこちらを使用しています。

左右対称になるようにタンク中心からの距離をマスキングではかります。

反対に貼り付けします。

反対もラインテープを引きます

塗装

マスキングを終えたらエアブラシでキャンディーブルーを入れます。

上面にも入れていきます。

ウォータードロップペイント

ここで今回のメインイベント、ウォータードロップペイントの始まりです。
まず最初に水道水を入れた霧吹きを用意します。

模様を入れたくない所はすべてマスキングしておきます。
こんな感じで流れ落ちない程度に玉になるように霧吹きします。
水滴が流れ落ちてしまったりしたら、水なので再度拭いて、霧吹きし直しましょう。
この時点であれば何度でもやり直しが効きます。

次に霧吹きした水滴にエアブラシでブラックを吹きます。
水滴に対して色々な方向から吹くのではなく、一定方向から吹くと水滴の影のような形を出せます。今回はタンク下側から吹き付けしました。
水滴の下側に黒色が染まっているのがわかると思います。

赤外線ヒーターで乾燥させると以下のようになります。
水分が蒸発して水滴の模様がタンクに付きます。

今現在、この状態だと、非常に剥がれやすい為、この上からクリアを塗ります。
水滴模様を保護する意味合いがあります。

全体にキャンディーブルーを塗ります。
より水滴の模様が浮かび上がって見えますね。

要所にキャンディーイエローでラインを入れていきます。

こんな感じでラインも入りました。

クリアを塗ります

研いで段差を無くします
サンドペーパーは800番を使用

再度クリア塗布します。

完成!

仕上がりました!
クリアが垂れる寸前ぐらいのテカテカに。

今回のメインデザインのウォータードロップペイント

このようなタンクペイントも受付しています。
価格等お気軽にお問合せ下さい↓

お問い合わせフォーム

作成動画をYouTubeにもアップしていますので是非ご覧下さい。


チャンネル登録もお願い致します。

ブログランキング参加しています。

記事を読み終えたらクリックして頂けると更新の励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

スポンサーリンク

フォローする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeとInstagramもやってます!